データマーキング

さまざまな情報を印刷物にプラスします。
全工程を内製化しているのでコスト・納期に自信があります。

データマーキングとは?

データマーキングとは、共通のタグやラベル、
カードなどのサプライ(消耗品)に、異なる情報を必要な枚数だけ出力することです。

当社では、おもに熱転写方式のプリンタを使用しています。
この方法は、固形インクを薄く塗布したインクリボンに、熱した印字ヘッドを押しつけ、インクを溶かして紙に転写するものです。

データマーキングの特徴
当社では、サプライ品の印刷・加工からデータマーキングまでを社内で一括生産しています。
オンラインデータもネットワークで取り込み可能です。

作成例

業種別のデータマーキング例

印字できるもの

サプライ(消耗品)と種類
熱転写方式で使用されるインクリボンには種類があるため、さまざまなものにデータマーキングすることができます。

紙素材のサプライ
値札、ヘッダー、チケット、カード、小物用ラベル札(合掌札)、商品ラベル、価格ラベル、連番ラベルなど

プラスチック素材のサプライ
カード、カンバン、駐輪場ラベル、ボンベ用ラベル、改ざん防止シールなど

布素材のサプライ
品質・洗濯表示ネーム、耐水紙など

セキュリティタグ
防犯ゲートに反応する回路がくみこまれた自社製の防犯タグ

詳しくはお問い合わせ下さい。

所有プリンタ一覧

  • バーコードプリンタ(ロールラベル・ロール札)
  • 単枚札プリンタ
  • ネームプリンタ
  • カードプリンタ

Copyright© タグソリューション , 2020 All Rights Reserved.